スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 保健環境部 > 環境生活課 >  改正貸金業法の注意点

宗谷の分類: くらし・医療・福祉 > くらし・消費生活

最終更新日:2016年5月12日(木)

改正貸金業法の注意点について(平成22年12月1日追加)

クレジットカ-ドのショッピング枠の現金化はNG!!!    (平成22年12月1日追加)

 現金化を目的としたクレジットカ-ドの利用はやめましょう。

 ・一時的に資金が入っても、結局のところ債務が増えるだけ。

 ・「クレジットカ-ドの現金化」はクレジットカ-ド契約違反で、最悪の場合、詐欺罪等に抵触する可能性

があります。

 *困ったら、各相談窓口等にご相談してください。

  消費者ホットライン(消費生活相談窓口) 0570-064-370

  金融庁・金融サ-ビス利用相談室     0570-016-811  /  03-5251-6811

  など 

    関係リンク先 消費者庁のホ-ムペ-ジ    http://www.caa.go.jp/credit/index.html

 

 

 また、総量規制等が実施され新規の借り入れが困難になる債務者が発生する可能性があります。

 (平成22年10月28日追加)

 これらの債務者に「儲け話」と称して、悪徳商法や詐欺などがさらなるタ-ゲットとして狙っております。

  主な手口 

   ・クレジットカ-ドのショッピング枠の現金化 などが想定されます。

  詳細は、消費者庁のホ-ムぺ-ジ

  次のアドレスへ http://www.caa.go.jp/region/kashikin.html

     

平成22年6月18日より貸金業法が大きくかわっています。

 主なポイント

  1 借入れは年収の1/3まで。

  2 借入れには年収の証明が必要な場合があります。

  3 ヤミ金融から絶対に借りないで。

  4 困ったら、あせらず、まず相談

  詳細は、金融庁のホ-ムペ-ジ

  次のアドレスへ    http://www.fsa.go.jp/policy/kashikin/index.html