スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 建設管理部 > 稚内建設管理部 >  砂防関係事業


最終更新日:2019年12月23日(月)


砂防関係事業


“画像砂防関係事業”
 Erosion and Sediment Control project
 地域の安心・安全を確実なものへ。


  |稚内建設管理部トップページ

  |事業の概要社会資本整備アカウンタビリティ


   地域の安心・安全を確実なものへ。
台風や大雨の日でも安心して暮らせる災害に強い地域づくりをめざします。台風や集中豪雨が誘発する崖崩れや鉄砲水により押し出された土砂が尊い人命を奪ったり、河川を埋めたり、民家や耕地に被害を与えたりするのを未然に防ぐため、様々な土砂災害対策事業を行っています。

土石流 (砂防)
   谷や斜面に貯まった土砂や石などが、集中豪雨などによる水と一緒になって、突発的に流れ出してくるのが土石流です。速度も速く破壊力も大きいため、多大な被害をもたらします。
土石流を表した図   雄忠志内川砂防工事(42号床固工)
雄忠志内川砂防工事(42号床固工)(利尻富士町)
雄忠志内川で土石流が流れている様子その1 雄忠志内川で土石流が流れている様子その2
土石流の流下状況 (雄忠志内川)(利尻富士町)

地すべり (地すべり対策)
  山の麓や丘の斜面など比較的緩やか斜面において、地中の粘土層など滑りやすい面が地下水などの影響で動き出す現象です。一度に広範囲の地面が動くため、ひとたび発生すると住宅、道路、鉄道、耕地などに大きな被害を及ぼしたり、川をせき止めて洪水等を引き起こすこともあります。
地すべりを表した図  礼文元地地すべり対策事業における集水井
礼文元地地すべり対策事業(集水井)  (礼文町)
平成15年5月25日に発生した桃岩荘付近の地滑りの状況
平成15年5月25日に地すべりが発生し、桃岩荘が危険な状況となったため、翌年の観光シーズンまで営業を休止した。

がけ崩れ (急傾斜地崩壊対策)
   地面に染み込んだ水分が土の抵抗力を弱め、斜面が突然崩れ落ちるのががけ崩れです。突発的に起こり、瞬時に崩れ落ちるので、逃げ遅れする人も多く、死者の割合も高くなります。また、地震をきっかけで起きることもあります。
がけ崩れを表した図   稚内東浦急傾斜地崩壊防止工事の土留柵工の状況
稚内東浦急傾斜地崩壊防止工事(土留柵工)   (稚内市)


なだれ (なだれ対策)
   斜面の積雪が自然に落ちる限界を超えたとき、周囲の積雪と一緒に滑り落ちる現象です。斜面の角度や積雪の水分量などによって規模や形態が異なりますが、特に急傾斜地を背後に抱える集落や道路などに被害を与えています。
稚内大岬雪崩対策工事設置状況   稚内大岬雪崩対策工事冬の状況
稚内大岬雪崩対策工事 (稚内市) 設置状況 稚内大岬雪崩対策工事 (稚内市) 冬の状況
猿払知来別雪崩対策工事(猿払村)の状況 礼文町のなだれ被害の状況
猿払知来別雪崩対策工事   (猿払村) 礼文町のなだれ被害の状況


トップページ道路事業街路事業公園事業下水道事業|空港事業|維持・除雪事業

河川事業|砂防関係事業|海岸事業漁港事業ふれあい土木