スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 産業振興部 > 農村振興課 >  H23工事担当技術研修会


最終更新日:2012年3月05日(月)


H23工事担当技術研修会


 

工事担当者による技術交流研修会を開催

~更なる品質確保の促進のために~

★受注者・発注者相互の連携を強化★

 宗谷総合振興局農村振興課において、平成24年3月1日に「宗谷総合振興局農村振興課発注の工事担当者による技術交流研修会」を開催し、工事を施工する上での品質確保などをテーマに受注者・発注者あわせて42名が参加しました。

 国及び地方公共団体の財政状況が一段と厳しさを増し、公共事業の予算が削減されている現状を踏まえ、当農村振興課の各地区においても低コストで効率的な農業農村整備事業を
実施しています。

 平成17年度に「公共工事の品質確保の促進に関する法律」が施行され、各工事現場では品質、安全性、効率性、環境への配慮等に取り組んでいるところですが、適正な品質確保を促進し事業の効果を発揮するためには、更なる取り組みが必要と考えています。

 このことから、受注者、発注者が相互に連携し、品質の向上を図るために宗谷総合振興局管内の現場代理人等との研修会を行い、新年度工事に反映させて行くことを目的としています。

 研修会では、農村振興課主幹が工事の施工体制に係る留意点について、検査専門員が工事検査、工事成績評定基準について説明を行いました。

 事前アンケートでは施工協議簿、設計図書の精度についてや設計積算、設計変更に関する質問が多くあり、改善できるものは速やかに対応することとし、今後も意思疎通を図りながら問題解決に取り組むこととしています。

工事成績優良事例報告

 事例報告では、下記工事について工事監督員から工事成績評定評価の内容、現場代理人からは工事での苦労した点や創意工夫などを説明しました。  

 ・公共牧場 ヤマウス地区31工区 ・集乳農道 エサウシ地区41工区 ・農道特対 浅茅野台地地区1工区
 ・災害復旧 エサヌカ地区1工区      ・農道保全 東豊富地区2工区

  /image.jsp?id=480517

  研修会                             

 

★優秀技術者に感謝状を贈呈★

 公共工事の品質確保は極めて重要ですが、更なる技術者の資質向上を促すため、他の模範となる質の高い工事施工を担当した技術者に対し感謝状を贈呈しています。

 この表彰は、平成21年度から実施していますが、平成23年度に管内の農業農村整備に係る工事を担当した方の中から、次の優秀技術者2名に平成24年3月1日感謝状を贈呈しました。


 ★公共牧場ヤマウス地区31工区( 田中建設(株) 勤務 伊藤氏 )

 急峻な地形での面整備に、隔障物や管路工事等の各種工事がある厳しい現場条件の中、牧場管理者と十分な打合せを行い、卓越した技術力により高品質な成果が得られたことが評価されました。


 ★集乳農道エサウシ地区41工区( (株)安部産業 勤務 安部氏 )

 施工箇所が多く広範囲に点在していたにも関わらず営農作業の支障とならぬよう、受益農家と綿密な調整がなされ、良好な信頼関係の中、余裕のある工程で完成させるとともに、高い品質が確保されたことが評価されました。

 /image.jsp?id=366448  /image.jsp?id=480518

    公共牧場ヤマウス地区31工区(起伏修正)        集乳農道 エサウシ地区41工区(路盤改良)