スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 産業振興部 > 農村振興課 >  開拓財産の管理


最終更新日:2018年8月29日(水)


開拓財産の管理


>
 

 


開拓財産の管理

「開拓財産」とは?

 「開拓財産」を一言でいうと、自作農創設特別措置法や農地法により国が取得した山林原野等の未墾地で、現在も国(農林水産省)が所管している国有財産ということになります。

 「開拓財産の沿革」は

 戦後の農地改革の一貫として、「農業生産力の衰退による食糧事情の悪化の解消」、また、「海外引揚者等の就労の機会の創出」が急務となり、政府は、次のような開拓財産に関する施策を実施してきました。

 
年 月

事    項

要         旨
昭和20年11月 農地改革 ・急速かつ広汎な自作農の創設
 
昭和20年11月 「緊急開拓事業実施要領」の策定 (全国レベル) 155万haの開拓
(全道レベル) 77万haの開拓
昭和21年10月 「自作農創設特別措置法」の制定 ・開発して農地とすることが適当な個人等の未墾地を買収し受入れ
・ 農林省以外の他省庁が管理する未墾地の受入れ
・ 受入れた土地を入植者や増反者に売渡し
・ 売渡相手方が土地を開墾し農業経営
昭和22年10月 「緊急開拓事業実施要領」の改定 ・「開拓事業」の実施
 
昭和27年7月 「農地法」の制定 ・「自作農創設特別措置法」の廃止
・引続き「開拓事業」の実施
 

 このような沿革をたどって、現在、宗谷管内の開拓財産として存在している土地は、長狭地等の原野の土地が大部分であることから、開拓財産の隣接地の所有者へ売渡し等や他省庁へ移管を行っているところです。

 「開拓財産の管理者」は

 平成12年度から、法定受託事務として都道府県知事が管理者となっています。また、北海道では、各振興局・総合振興局が開拓財産の事務を行っています。

 宗谷管内の開拓財産の管理状況
    (平成26年2月現在)

市町村別管理面積(概数)
市町村 管理面積
(ha)
稚内市 10.8
猿払村 13.8
浜頓別町 16.9
枝幸町 2.0
豊富町 0.3
 幌延町  11.2
55.0
 
 
 お問い合わせ先

担当部署 宗谷総合振興局産業振興部農村振興課 主査(事業用地)
直通電話番号 0162-33-2963