スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 産業振興部 > 農村振興課 >  サロベツフットパスイベント H24.10.21


最終更新日:2012年11月01日(木)


サロベツフットパスイベント H24.10.21


 

北海道中山間ふるさと・水と土保全対策事業

『フットパスを通じた地域と都市住民の交流の活発化に向けた取組 <豊富町>』

サロベツフットパスウォークイベントに参加

(豊富温泉コース編)

ウォーキング状況

フットパスウォークイベントにて(約1km地点)                                                   

(2012/10/21 SUN)

 

今年もNPO主催によるサロベツフットパスウォーキングイベントが豊富町にて開催されたので、参加してきました。参加者は、バスの関係上20名限定。参加費は500円。初雪のちらつくあいにくの天候でしたが、中盤からはやや回復して秋の豊富町を満喫してきました。

 

豊富市街地に近い自然公園から豊富温泉街へ続く約7kmを歩きます。 

 

バイパスで合流

 イタドリの種  オオウバユリ写真
1.自然公園で準備運動をして出発したそうです・・・というのも、前日の稚内はひどい雷雨で、私は絶対中止だろうと思っていたので、集合時間に遅れてしまいました。豊富バイパス直下から合流したので、出発時点はよくわからないんです。

2.イタドリの種です。

豊富では「伝承の会」がイタドリの新芽を加工、「イタドリの塩漬け」として・販売しています。

3.オオウバユリです。揺らすと種がバラバラと落ちてきました。昨年は、イタドリの林をひたすら歩いていた感が有ったのですが、秋になると周りが見通せるようになり、夏とは全く別の雰囲気になり、これはこれで楽しめました。

豊高生が整備してくれた木道を

 中井沼で水鳥を探す

 地蔵尊
4.先日、豊富高校生等と整備した木道をツアー参加者が渡ります。(ちょっと感動。今日はこの写真を撮るために来たと言っても過言ではないのです!)整備の様子はこちらからどうぞ  5.中井沼でバードウォッチング。カワウ、コガモやカイツブリなどがいました。 6.少し行くと、地蔵尊。小さなお地蔵さまにみんなが手を合わせます。

 牛乳団子とイタドリ和え物

 さろべつ工房  スズメバチの巣
7.サロベツ工房に場所を移し、「伝承の会」のみなさんに、豊富牛乳を使った「牛乳団子」、イタドリ塩漬けの「味噌和え」や「キムチ漬け」をいただきました。昨年、イタドリキムチ漬けのファンになった私は、少し多めにゲット。 8.温かい飲み物やあたたかい心遣いにみんな楽しげです。やはり、「食」があると盛り上がりますね。 9.終盤を目指す途中、直径30cmぐらいのスズメバチの巣がコース横の木の小枝に!幸い空き家のようでした。(ガイドを努めたNPOの山元さんは、ツアー前に調べていた様子。)
 ハルニレの木

 ←10.そして樹齢300年とも言われるハルニレの木へ。時間が押していたので、大師堂の説明は少しスルー。終点ではアンケートを取り、13:00前には解散・終了しました。参加者は、豊富温泉や食事へと向かいました。

 本年の様子については、コース内容が昨年と同じ部分が多いので抜粋して掲載しております。昨年の様子と合わせてご覧いただくと、コースの全容がよくわかると思います。

 

「正直この時期の開催ってどうなの?」と思いながら参加したのですが、少し寒いことを除けば、虫もいないし、紅葉はきれいだし、景色が見通せるなど、かなり満足できたかなぁというのが感想です。また、去年よりも知り合いが増えたことも楽しめた大きな要因かと思います。今後、「ちょっとした見どころ・体験どころ」が開発できれば、なお、いいですね。 

 

事業の関連

・今回のイベントは、NPOサロベツ・エコ・ネットワークさんのイベントで、特に事業費は使っていませんが、本事業でお世話になっている「豊富景観保全ネットワーク」のみなさんも参加してくれており、ガイド並みの解説をする場面も多々ありました。 

 サロベツフットパス豊富温泉コースガイドマップはこちらをご覧ください。

北海道ふるさと水と土保全対策事業についてはこちらをご覧ください。

事業に関するお問い合わせは、宗谷総合振興局産業振興部農村振興課 主査(地域計画)