スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 産業振興部 > 農村振興課 >  工事担当意見交換会


最終更新日:2012年8月10日(金)


工事担当意見交換会


 

工事担当者と現場代理人等との意見交換会を開催

~更なる品質確保の促進のために~

★受発注者間の連携を強化★

 宗谷総合振興局農村振興課において、3月8日に「工事担当者と現場代理人等との意見交換会」を開催し、農業農村整備に係る工事の経営効率化と品質確保をテーマに47人が参加しました。
 国及び地方公共団体の財政状況が一段と厳しさを増し、公共事業の予算が削減されている現状を踏まえ、低コストで効率的な農業農村整備事業の実施が求められており、平成17年度に「公共工事の品質確保の促進に関する法律」が施行され、各工事現場では品質、安全性、効率性、環境への配慮等に取り組んでいるところですが、適正な品質確保を促進し事業の効果を発揮するためには、更なる取り組みが必要と考えられます。このようなことから、発注者、受注者が互いに連携し、品質の向上を図るために宗谷総合振興局管内の現場代理人等との意見交換会を行い、新年度工事に反映できるよう開催しました。

 はじめに検査専門員が工事検査や施工計画書チェックリストについて説明し、設計主査から事前アンケート調査に対する回答を行ました。事前アンケートでは設計図面の精度や設計変更に関する質問が多くあり、改善できるものは速やかに対応することとしています。

 意見交換では5班に分かれ、経営効率化と品質の向上を目指して、施工現場の問題点や監督員と現場代理人の打合せ協議など多岐にわたって議論を交わし、今後も意思疎通を図りながら問題解決に取り組むこととしています。

  研修会   意見交換

              研修会                             意見交換

 

★優秀技術者に感謝状★

 3月8日に宗谷総合振興局産業振興部所管事業に係わる優秀技術者6名へ感謝状を贈呈しました。

 農業農村整備からは「災害復旧エサヌカ地区1工区(安田建設)」、「公共牧場ヤマウス地区41工区(田中建設)」の二人が選ばれました。
 天候不順などの影響で工期の遅延や品質の低下が懸念される中、適切な工程管理で工期内に精度の高い成果品を完成させたことが評価されました。

 エサヌカ1工区  ヤマウス41工区

        災害復旧エサヌカ地区1工区                公共牧場ヤマウス地区41工区