スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 産業振興部 > 農務課 >  家畜伝染病予防法について


最終更新日:2018年9月03日(月)

農務課
家畜伝染病予防法について

 

家畜伝染病予防法は、家畜の伝染性疾病の発生の予防とまん延の防止により畜産の振興を図ることを目的とする法律です。
  • 家畜伝染病の発生を予防するための届出、検査等
  • 家畜伝染病のまん延を防止するための発生時の届出、殺処分、移動制限等
  • 家畜の伝染性疾病の国内外への伝播を防止するための輸出入検疫
  • 生産者の自主的措置

等について定められています。

 つきましては、大切な家畜を伝染病から守るため、本法の遵守に積極的に取り組んでいただきますよう、お願いいたします。

 なお、詳細については、以下のホームページをご覧ください。

飼養衛生管理基準について(道庁畜産振興課ホームページリンク)

特定家畜伝染病防疫指針について(道庁畜産振興課ホームページリンク)

口蹄疫について

鳥インフルエンザについて


 農務課トップページへ

産業振興部農務課