スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 産業振興部 > 農務課 >  輝け!宗谷の食セミナー(H27.10.23開催)


最終更新日:2015年12月11日(金)

産業振興部農務課

第3回「輝け!宗谷の食セミナー」の開催結果について

地域6次産業化推進検討会として、標記のセミナーを開催したのでお知らせします。

開催の概要

1 日時
  平成27年10月23日(金) 11:00~14:00
2 場所
  北海道宗谷総合振興局(4階大会議室)
3 地域6次産業化推進検討会講師
  「道内酪農家の6次化事例に学ぶ 」
  北海道6次産業化サポートセンター須川 清一(すがわ せいいち) 氏
4 参加者
  宗谷管内外から約30名

講演の概要

  • 食志向が多様化(健康志向、ヘルシー食品、高齢化対応)している一方で、国が戦後管理してきた歴史から現状の農産物の品質は画一的、国際社会と異なる食品感覚。食品供給事業者にとっては消費者の期待に応える、満足させることが最も重要な役割。
  • 農家や農業法人の所得は、円安の影響で飼料や肥料価格が大幅に上昇し、農家等の所得は大幅に減少。農家所得を確保する仕組みが必要であり、6次産業化は農家所得の確保が第1義的な目的で、間接的には加工等業者への価格交渉力を高めることも狙い。
  • 6次化の事業認定には事業計画の策定が必要。事業計画を策定する意味は、事業を成功させる確率や業績が高まること、独断的にならず事業の姿が見えること、資金や補助など外部資源を獲得するために役立つこと、パートナーとの連携をスムーズにすること、長期に渡る経営の指針となること、頭のなかにある考えを体系的、計量的にあきらかにすること、事業の検証や改善を可能にすること、関係者が事業内容や課題を共有できることなど。
  • 6次産業化サポートセンターは道の委託を受けて事業計画の策定等のサポートを行っている。些細なことでもいいのでお気軽にご相談を。

    第3回輝け!宗谷の食セミナーの開催の様子

  • その他

    同時開催した 食クラスター「フード塾」宗谷地域検討会の開催状況のページ