スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 産業振興部 > 林務課 >  宗谷総合振興局林務課におけるアカウンタビリティ

宗谷の分類: 産業・経済 > 森林・林業

最終更新日:2011年8月29日(月)


宗谷総合振興局林務課におけるアカウンタビリティ


 

社会資本整備に関する

      アカウンタビリティ(説明責任)のページ

 

はじめに

  北海道では、平成13年1月、道が実施する公共事業等の社会資本整備において、政策の企画立案段階から完了後までのそれぞれの事業実施過程において、道民への積極的な情報提供を行うことにより、道民と共通の認識を醸成するため、「社会資本整備に関するアカウンタビリティ(説明責任)の推進指針」を策定しました。                                            

  また、この推進指針の中では、道公共事業関係各部においてアカウンタビリティを推進するための推進計画を策定することにしていることから、水産林務部では、「水産林務部社会資本整備に関する説明責任(アカウンタビリティ)推進計画」を策定し、この中で、各総合振興局(振興局)などにおける実施事業等を説明する内容等を定め、ホームページを開設し、道民の皆様に情報の提供をすることとしています。

  宗谷総合振興局産業振興部林務課に関係する事業は以下のとおりです。

 

 政策の企画立案段階における社会資本整備事業の説明

  この段階における説明は水産林務部総務課のホームページで公開しています。

 

 個別箇所の事業計画策定開始段階における社会資本整備事業の説明

    この段階における説明は水産林務部総務課のホームページで公開しています。

 

 事業計画案策定段階における社会資本整備事業の説明

 ○道が実施する開発公共事業等に関する説明

  平成23年度は該当する事業がありません。

 ○道が実施する非開発公共事業等に関する説明

  平成23年度は該当する事業がありません。

 

事業実施段階における社会資本整備事業の説明

 ○道が実施する開発公共事業等に関する説明

  *実施箇所の下線部をクリックすると位置図を表示します。

【平成22年度】

治山事業

整理番号

事業名

実施箇所

全体事業内容

事業実施目的

事業予定計画

全体事業費          (百万円)

計画         (実績)

事業費             (百万円)

事業内容

1

復旧治山事業

礼文町            (山本地先)

土留工        法切工         水路工               暗渠工                   法枠工                伏工                    実播工              植栽工                柵工

 当地区は、礼文町北部に位置し、直下に人家及び迂回路の無い道道がある山腹斜面である。過去に山腹の一部で治山事業を実施しているが、平成21年に山腹内で小崩壊が発生し、また、隣接する山腹斜面も降雨・湧水等を誘因として崩壊する恐れがあるため、左記山腹工事を実施し斜面の安定を図る。

平成22年度        ~           平成25年度

485 

80

(78)

土留工                法切工         水路工       暗渠工        法枠工           伏工                                      柵工

2

復旧治山事業

礼文町            (海中公園地先)

法枠工               伏工                張工                法切工

 当地区は、利尻礼文サロベツ国立公園内にあり、観光バスの駐車場・土産販売店・観光地へ通じる遊歩道の直下部にある急峻な岩盤斜面であり、過去に治山事業により落石防止網を設置したが経年による落石の堆積が顕著であり、斜面も不安定になっているため左記工事を実施し斜面の安定を図る。

平成22年度           ~           平成23年度

176

76

(78)

法枠工               伏工   張工                  法切工

3

予防治山事業

枝幸町              (本幌別)

床固工             魚道工

 当地区は、2級河川北見幌別川支流の渓流で、下流域に町の水源施設があり、降雨等により土砂が流出する危険があるため、人家・道道・水道施設を災害から保全するため治山工事を行うとともに、魚類の生態系を保全するため、魚道を設置し渓流の安定を図る。

平成21年度          ~         平成23年度

274

60

(68)

床固工        魚道工

4

予防治山事業

利尻富士町           (朝日川)

流路工                    植栽工

 当地区は、昭和42年に床固工を施工し上流に堆積している不安定土砂の移動防止を図ってきた。下流部において近年融雪・豪雨による渓岸浸食が進み放置すると渓岸崩壊に発達し、不安定土砂が下流に流出する恐れがあるため、左記工事を実施し斜面の安定を図る。

平成22年度          

45

45

(45)

流路工             植栽工

林道事業

整理番号

事業名

実施箇所

事業内容

事業実施目的

事業予定  計画

全体     事業費  (百万円)

計画     (実績)

事業費  (百万円)

事業 内容

1

森林基幹道辺毛内岡島線開設事業

枝幸町      岡島

車道幅員  4.00m   延長         18,500m

 本林道の利用区域面積は、2,234haと広大であり、整備完了においては、森林の国土保全、水源かん養、生活環境保全等の公益的機能が発揮され、地域間の連絡道路(旧歌登町と枝幸町)としての役割も大きく、地域産業の振興並びに社会的諸条件の改善に果たす役割が大きい林道です。

H14 ~   H31

1,650

82

(88)

延長      800m(861m)

2

森林管理道       菊水線      開設事業

中頓別町      字敏音知

車道幅員      4.00m                                                                     延長                                        15,400m

 本林道の利用区域内の森林は、山地災害防止はもとより地球温暖化防止等の環境機能が求められており、路網管理を進めて行くうえでも、森林本来の持つ機能を十分発揮出来るように誘導するための林道であり、造林、保育、間伐、伐採等の計画的施業が可能となり収益性の高い森林造成が図られます。

 H2  ~   H25

2,617

50

(55)

延長200m     (849m)

3

森林管理道       オフンタルマナイ線      開設事業

 枝幸町    歌登大奮

 車道幅員                4.00m                                                                     延長                                        8,418m

 本林道の利用区域内の森林は、山地災害防止はもとより地球温暖化防止等の環境機能が求められており、路網管理を進めて行くうえでも、森林本来の持つ機能を十分発揮出来るように誘導するための林道であり、造林、保育、間伐、伐採等の計画的施業が可能となり収益性の高い森林造成が図られます。

 H13  ~   H22

939 

 

179

(125)

 

延長1,960m(1,661m)

 

【平成23年度】

治山事業

整理番号

事業名

実施箇所

全体事業内容

事業実施目的

事業予定計画

全体事業費          (百万円)

計画

事業費             (百万円)

事業内容

1

復旧治山事業

礼文町            (山本地先)

土留工        法切工         水路工               暗渠工                   法枠工                伏工                    実播工              植栽工                柵工

 当地区は、礼文町北部に位置し、直下に人家及び迂回路の無い道道がある山腹斜面である。過去に山腹の一部で治山事業を実施しているが、平成21年に山腹内で小崩壊が発生し、また、隣接する山腹斜面も降雨・湧水等を誘因として崩壊する恐れがあるため、左記山腹工事を実施し斜面の安定を図る。

平成22年度        ~           平成25年度

485 

114              (ゼロ国)               94               (補正)

土留工                法切工         水路工       暗渠工        法枠工           伏工             実播工             植栽工            柵工

2

復旧治山事業

礼文町            (海中公園地先)

法枠工               伏工                張工                法切工

 当地区は、利尻礼文サロベツ国立公園内にあり、観光バスの駐車場・土産販売店・観光地へ通じる遊歩道の直下部にある急峻な岩盤斜面であり、過去に治山事業により落石防止網を設置したが経年による落石の堆積が顕著であり、斜面も不安定になっているため左記工事を実施し斜面の安定を図る。

平成22年度           ~           平成23年度

176

81

法枠工               伏工                  法切工

3

予防治山事業

枝幸町              (本幌別)

床固工             魚道工

 当地区は、2級河川北見幌別川支流の渓流で、下流域に町の水源施設があり、降雨等により土砂が流出する危険があるため、人家・道道・水道施設を災害から保全するため治山工事を行うとともに、魚類の生態系を保全するため、魚道を設置し渓流の安定を図る。

平成21年度          ~         平成23年度

274

103

床固工        魚道工

4

予防治山事業

利尻町           (本町地区)

土留工            暗渠工             法枠工                柵工                                                伏工                  法切工                    植栽工

 当地区は、利尻町南部の仙法志集落の裏山で、幅270m、斜面長10~15mの段丘斜面である。斜面内に崩壊地や不安定堆積土砂があり、民家に近接しているため、左記工事を実施し斜面の安定を図る。

平成23年度          ~           平成25年度

124

30

土留工          暗渠工              法枠工                柵工               伏工                    法切工             植栽工

5

予防治山事業

幌延町              (JR1の沢地先)

法枠工             伏工                  法切工                  暗渠工                水路工

 当地区は、JR宗谷本線に隣接した山腹斜面であるが、平成22年7月の豪雨により山腹の一部が崩壊した。一連の山腹斜面にも亀裂等が発生しており、崩壊する恐れがあることから左記工事を実施し斜面の安定を図る。

平成23年度                 

60

60

法枠工           伏工               法切工           暗渠工                水路工

林道事業

整理番号

事業名

実施箇所

事業内容

事業実施目的

事業予定  計画

全体     事業費  (百万円)

計画

事業費  (百万円)

事業 内容

1

森林基幹道辺毛内岡島線開設事業

枝幸町      岡島

車道幅員  4.00m     延長         18,500m

 本林道の利用区域面積は、2,234haと広大であり、整備完了においては、森林の国土保全、水源かん養、生活環境保全等の公益的機能が発揮され、地域間の連絡道路(旧歌登町と枝幸町)としての役割も大きく、地域産業の振興並びに社会的諸条件の改善に果たす役割が大きい林道です。

H14 ~   H31

1,650 60

延長      440m

2

森林管理道       菊水線      開設事業

中頓別町      字敏音知

車道幅員      4.00m                                                                     延長                                        15,400m

 本林道の利用区域内の森林は、山地災害防止はもとより地球温暖化防止等の環境機能が求められており、路網管理を進めて行くうえでも、森林本来の持つ機能を十分発揮出来るように誘導するための林道であり、造林、保育、間伐、伐採等の計画的施業が可能となり収益性の高い森林造成が図られます。

 H2  ~   H25

2,617 118

延長     834m

道が実施する非開発公共事業等に関する説明

  平成23年度は該当する事業がありません。

 

市町村等が実施する補助事業等に関する説明

【平成22年度】

整理番号

事業名

実施 主体

実施  箇所

事業内容

事業実施目的

事業予定  計画

全体     事業費  (百万円)

計画     (実績)

事業費  (百万円)

事業 内容

1

森林管理道目梨別線      開設事業

豊富町

字有明

車道幅員 3.00m             延長      3,822m

 本林道の利用区域内の森林の機能区分は育成林で構成され、資源循環としての機能や、森林の持つ公益的機能の発揮が期待される林道です。利用区域内は、7齢級以上の針葉樹と天然林が全体の60%を占めている。本地区は作業道により造林等を実施していたが、幹線的な林道が未整備なため適正な森林管理が行われなかったが、本林道の開設により間伐等を主体とした計画的森林施業が行うことが出来、収益性の高い多面的な機能を発揮出来る森林になることが期待されています。

H21     ~    H30

401

91

(68)

延長1,000m   (1,363m)

2

森林管理道弥生線        開設事業

中頓別町

字弥生

車道幅員3.00m  延長   5,698m

 本林道の利用区域内の森林は、森と人との共生林として保健文化機能の増進が求められています。この森林は多様な樹種・林層よりなり、林木が適度な間隔で配置されている郷土樹種を主体とする多様な森林であり、原生的な自然環境を保持し多様な野生生物の生息している森で、諸被害に対する抵抗力が高い森林へと誘導するために必要な林道です。

H19     ~     H27

420

33

(33)

延長500m   (636m)

3

森林管理道下幌別2号線開設事業

枝幸町

下幌別

車道幅員3.00m  延長   2,640m

 本林道の利用区域内の森林は、殆どが利用伐期に達している林分と3齢級以下の人工林であり、森林の機能向上を計る上で持続可能な資源循環型森林に誘導するために必要な林道です。本林道の開設により造林、保育、間伐、伐採等の計画的施業が可能となり収益性の高い森林造成が図られます。

H20     ~   H26

190

35

(29)

延長277m   (179m)

4

森林管理道ウエンナイ         支線       開設事業

枝幸町

宇遠内

車道幅員3.00m  延長   4,730m

 本林道の利用区域内の森林は、山地災害防止はもとより地球温暖化防止等の環境機能が求められており、路網管理を進めて行くうえでも、浸透・保水能力の高い土壌を生かし下層植生の良好な発達を確保しながら、多面的機能を十分発揮できる森林に誘導するための基盤整備として必要な林道です。当該林道の開設により、造林、保育、間伐、伐採等の計画的な施業が可能となり収益性の高い森林造成が図れるとともに森林の機能強化が図れます。

H18     ~         H25

297

62

(50)

延長647m   (1,027m)

 

【平成23年度】

整理番号

事業名

実施 主体

実施  箇所

事業内容

事業実施目的

事業予定  計画

全体     事業費  (百万円)

計画

事業費  (百万円)

事業 内容

1

森林管理道目梨別線      開設事業

豊富町

字有明

車道幅員 3.00m             延長      3,822m

 本林道の利用区域内の森林の機能区分は育成林で構成され、資源循環としての機能や、森林の持つ公益的機能の発揮が期待される林道です。利用区域内は、7齢級以上の針葉樹と天然林が全体の60%を占めている。本地区は作業道により造林等を実施していたが、幹線的な林道が未整備なため適正な森林管理が行われなかったが、本林道の開設により間伐等を主体とした計画的森林施業が行うことが出来、収益性の高い多面的な機能を発揮出来る森林になることが期待されています。

H21     ~    H30

401 39

延長   400m

2

森林管理道弥生線        開設事業

中頓別町

字弥生

車道幅員3.00m  延長   5,698m

 本林道の利用区域内の森林は、森と人との共生林として保健文化機能の増進が求められています。この森林は多様な樹種・林層よりなり、林木が適度な間隔で配置されている郷土樹種を主体とする多様な森林であり、原生的な自然環境を保持し多様な野生生物の生息している森で、諸被害に対する抵抗力が高い森林へと誘導するために必要な林道です。

H19     ~     H27

420 34

延長   280m

3

森林管理道下幌別2号線開設事業

枝幸町

下幌別

車道幅員3.00m  延長   2,640m

 本林道の利用区域内の森林は、殆どが利用伐期に達している林分と3齢級以下の人工林であり、森林の機能向上を計る上で持続可能な資源循環型森林に誘導するために必要な林道です。本林道の開設により造林、保育、間伐、伐採等の計画的施業が可能となり収益性の高い森林造成が図られます。

H20     ~   H26

190 26

延長   661m

4

森林管理道ウエンナイ         支線       開設事業

枝幸町

宇遠内

車道幅員3.00m  延長   4,730m

 本林道の利用区域内の森林は、山地災害防止はもとより地球温暖化防止等の環境機能が求められており、路網管理を進めて行くうえでも、浸透・保水能力の高い土壌を生かし下層植生の良好な発達を確保しながら、多面的機能を十分発揮できる森林に誘導するための基盤整備として必要な林道です。当該林道の開設により、造林、保育、間伐、伐採等の計画的な施業が可能となり収益性の高い森林造成が図れるとともに森林の機能強化が図れます。

H18     ~         H25

297 26

延長   720m

事業完了後における社会資本整備事業の説明

  工事中

 

皆様からのご質問・ご意見と道からの回答

○皆様からのご意見

意見受付年月日

年齢

性別

在住地

意見

       

皆様からのご意見は寄せられていません。

○道からの回答

 

 

皆様からのご質問・ご意見をお寄せください

  ご質問のある方は、内容を確認することもございますので、お名前・ご住所・電話番号は必ず入力するようお願いします。

  メールのほか郵便・FAXでも受付けています。(様式は定めていませんが、メールと同様の内容を必ず記載してください。)

  ※原則としてご質問等の内容は公開させていただきます。お名前の公表に支障のある方は、その旨ご記入ください。

お名前          
ご住所          
お電話        
 年齢    
 性別
ご意見
                   
   
   
   
   
   
   
   
                   

 

   お問い合わせ先

   〒097-8558  稚内市末広4丁目2番27号

               北海道宗谷総合振興局産業振興部林務課

                  電話 0162-33-2935(治山係)

                      0162-33-2936(林道係)

                  FAX 0162-33-2630(課共通)

                  e-mail  soya.rinmu20@pref.hokkaido.lg.jp

 

他のアカウンタビリティHP等へのリンク

  ○水産林務部のアカウンタビリティのページ

  ○宗谷総合振興局のトップページ