スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 産業振興部 > 水産課 >  宗谷地区水産技術普及指導所枝幸支所のページ

宗谷の分類: 産業・経済 > 水産業

最終更新日:2015年9月14日(月)


宗谷地区水産技術普及指導所枝幸支所のページ


宗谷地区水産技術普及指導所枝幸支所は潮の香りが漂う北緯45度ラインにあります。

宗谷地区水産技術普及指導所 枝幸支所

最終更新日:2015/09/20

北の味覚を支えるのが仕事です。
 宗谷地区水産技術普及指導所枝幸支所は「毛ガニ水揚げ日本一の枝幸町」にあります。
 冬は流氷に閉ざされ幻想的な世界の広がるオホーツク海は北海道の味覚の代表格であるサケ・毛ガニ・ホタテを始め、豊富な水産資源に恵まれています。枝幸支所では主にこのオホ-ツク海で漁を営む頓別・枝幸漁協を対象として普及活動を行っています。
 今回は活動の一部について紹介します。
氷原から見る夕日

[漁村を担う人づくり推進事業]
いきいき水産学園  北海道では漁業の担い手確保を推進する目的で「いきいき水産学園開催事業」を行っています。2001年枝幸支所では問牧小学校の児童を対象に同事業を開催しました。5月に4cmほどのホタテガイを育成カゴに入れて海中に垂下し、約半年間、貝の大きさを測ったりスケッチを行ってホタテガイの成長状況を観察しました。
 11月には簡易加工の実習として、地元で水揚げされたホタテガイを使ったソフト貝柱づくりを行いました。大半の児童は貝の殻むきは初めての体験で悪戦苦闘していましたが、貝の生態についての説明も交えて行われた実習は児童の好奇心を刺激し、思い出深いものになったようです。
いきいき水産学園

[エゾバフンウニ増殖指導]
 枝幸支所の担当区内には漁業資源として価値の高いエゾバフンウニが数多く生息しています。しかし、あまりに高密度に生息するため餌となる海藻が不足し、その結果、身の入らないウニが大量に生息する状況になっています。
 枝幸支所ではウニ着業者や関係機関とともにウニの分布や成長などの状況を調査し、その結果を蓄積すると同時に、間引きを兼ね天然種苗としての出荷を促進するなど資源の有効利用を模索しています。
潜水調査 ウニ年齢査定

[ホタテガイ増殖指導]
 頓別・枝幸漁協では水揚げの多くをホタテガイに依存しています。オホーツク海で主に行われるホタテガイ漁業は大きさ3~4cm程の種苗と呼ばれる1年貝を地まきという方法で漁場に放流し、10cm以上に成長する3年後に4年貝として漁獲しています。
 枝幸支所では定期的に成長状況を把握する他、放流する種苗の状況調査を地元関係機関と実施するなど、より効率的なホタテガイ漁業を目指して活動しています。
ホタテガイの稚貝調査 ホタテガイの水揚げ

宗谷総合振興局                   宗谷地区水産技術普及指導所枝幸支所
北海道枝幸郡枝幸町本町705 枝幸合同庁舎内
Tel:01636-2-1004

宗谷地区水産指導所枝幸支所へのメール


トップページへ