スマートデバイス表示はこちら


最終更新日:2017年4月27日(木)

        地域主権型社会の実現に向けた取組について

   人口減少や少子高齢化の進行、危機的な地方財政など北海道を取り巻く厳しい環境を踏まえ、道では、地方分権をさらに推し進めた北海道らしい「地域主権型社会」の実現を目指し、道州制特区をはじめ、市町村合併や支庁制度改革の推進、道から市町村への権限移譲など「地域主権」に向けた様々な取組を積極的に推進しています。

        ・地方分権・道州制のページ(北海道総合政策部地域主権局)  

        ・内閣府:地域主権改革のHP

           ・広域的な連携を活用した地域づくりについて

        ・定住自立圏構想 1)宗谷管内における取組(稚内市HP)
                    2)総務省のHP
  

 

※地域主権型社会とは

  官依存・中央依存から抜け出し、地域の課題解決や活性化のために、一人ひとりの個人が、そして共に力を合わせた住民が、更には地方自治体が、自ら主体的に考え、決断し、行動する社会のことです。

<担当>

  北海道宗谷総合振興局地域創生部地域政策課 主査(地域創生)          

  TEL:0162-33-2915(直通)  FAX:0162-33-2644