スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 産業振興部 > 農務課 >  放牧酪農北海道宗谷地域の特徴とメリット


最終更新日:2016年8月18日(木)

産業振興部農務課
新規就農を目指す方へ

左向きの矢印メニュー

体験談 私の新規就農物語右向きの矢印

放牧酪農宗谷の特徴 放牧酪農宗谷の場所
  宗谷の酪農は広々とした牧草地を持つ牧場が多いのが特徴です。平成25年度現在、農業用の土地は66,651haあり、このうち牧草地が93%を占めており、道内でも代表的な酪農地帯となっています。管内の乳牛飼養頭数は、平成25年度で68,651頭、生乳生産量は323,770tで全道の約9%を占めています。30年前(昭和58年)と平成25年を比較すると農家戸数は年々減少していますが、1戸当たりの飼養頭数は101頭と約2倍に増えており、1戸当たりの経営規模は拡大しています。

放牧酪農宗谷の特長

■放牧が多い


  酪農には大きく分けて、牛を主に牧草地で飼う「放牧」と、牛舎で飼う「舎飼い」の2つの方式がありますが、宗谷エリアは「放牧」による酪農が比較的多く見られる地域です。緑の大地に草を食む牛たち、そんな酪農のイメージ通りの光景に出会えるのが宗谷エリアです。

■全道一土地が安い


  広大な経営面積を必要とする放牧主体の「草地型」酪農を可能にしている大きな要因が全道でも圧倒的な土地価格の安さ。土地取得が比較的容易なことは新規就農を考える際の大きなメリットとなります。

放牧酪農宗谷の土地価格

農地(中畑)価格の推移【平成25年】

放牧酪農宗谷の土地の値段


■支援が充実している


  研修制度や、助成金、住居の提供など、新規就農に向けてエリア内の市町村、JAによる様々な支援が用意されています。さらに新規就農希望者のみなさんを支援するために各地域が連携したネットワークも確立。未経験でもステップを踏んでいけば就農できる道筋が、宗谷エリアなら見えてきます。


左向きの矢印メニュー

体験談 私の新規就農物語右向きの矢印

新規就農に関する問い合わせは
宗谷総合振興局産業振興部農務課 電話0162-33-2534
宗谷農業改良普及センター      電話01634-6-1414

  

 農務課トップページへ

産業振興部農務課