スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 産業振興部 > 農務課 >  放牧酪農北海道宗谷地域の新規就農体験


最終更新日:2016年6月07日(火)

産業振興部農務課
新規就農を目指す方へ

左向きの矢印北海道のてっぺん!宗谷の農業

メニュー

宮尾茂さんの就農体験右向きの矢印

放牧酪農宗谷の就農体験

私の宗谷就農物語


酪農を志し、さまざまな夢や思いを抱いて宗谷の地で新規就農した先輩たち。
それぞれの熱い物語に耳を傾けてみよう。
(取材期間・平成26年9月~10月)


放牧酪農宗谷の就農体験ケース1
宮尾茂さん(45歳)・敦子さん(44歳)平成16年12月就農(猿払村)
埼玉県出身の茂さんと、兵庫県出身の敦子さんご夫婦は元職場の同僚。共に酪農未経験で猿払村に移住し、酪農研修生や酪農ヘルパーを経て移住4年で就農。放牧型酪農を営み、4人のお子さんにも恵まれてまさにこの地に根を下ろしたという表現がぴったりのお二人です。
                     →番外編!新規就農当時を語っていただいたインタビューはこちら!!
放牧酪農家の就農
放牧酪農宗谷の就農体験ケース1 鷲尾武瑠さん(22歳)平成25年11月就農(浜頓別町)
山村留学していた頃から牛が好きで、将来は酪農をやりたいと思っていました。地域のみなさんは我が子のことのように喜んで、いろいろ助けてくれています。
放牧酪農家の就農
放牧酪農宗谷の就農体験ケース1 藤井まなみさん(29歳)平成25年10月就農(稚内市)
ずっと酪農・畜産関連の仕事をしてきた夫の「いつかは一国一城の主に」という思いに寄り添う形でこの地にきました。
放牧酪農家の就農
放牧酪農宗谷の就農体験ケース1 石原拓さん(32歳)平成27年11月就農(豊富町)
家族ぐるみでがんばる姿を見て、自分もこんなふうに働きたいと思うように。地域のみなさんの支援を受けて生涯の伴侶も、人生の道筋も定まりました。
放牧酪農家の就農


左向きの矢印北海道のてっぺん!宗谷の農業

メニュー

宮尾茂さんの就農体験右向きの矢印

新規就農に関する問い合わせは
宗谷総合振興局産業振興部農務課 電話0162-33-2534
宗谷農業改良普及センター      電話01634-6-1414

  

 農務課トップページへ

産業振興部農務課