スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 地域創生部 > 地域政策課 >  サハリン交流: 1. サハリンの風土・歴史(基本情報)


最終更新日:2017年10月03日(火)


サハリン交流: 1. サハリンの風土・歴史(基本情報)


サハリンガイド 1
サハリンの歴史・風土(基本情報)
サハリンの歴史・風土 イメージ写真 サハリンの歴史・風土 イメージ写真 サハリンの歴史・風土 イメージ写真 サハリンの歴史・風土 イメージ写真
歴史
 
その昔、地球が氷河期だったころ、大陸とサハリンは陸続きでした。
日本やロシア帝国の到達以前は、北方民族が暮らしており、アイヌ民族も暮らしていました。その後、1809年に間宮林蔵が島を確認し、「北蝦夷地(きたえぞち)」として正式に定めたのが日本統治の始まりです。
日本統治時代の「豊原市」を「ユジノサハリンスク市」と改称し、サハリン州が成立されました。
日本統治時代には、各地でインフラ整備が進められ工場なども多数あったことから、今も古い建造物が残っており当時の面影を見ることができます。
風土
 
  • ロシア連邦サハリン州
  • 州 都:ユジノサハリンスク
  • 人 口:48.8万人(2015年1月現在)
  • 面 積:8.7万㎢(北海道は8.3万㎢)
  • 公用語:ロシア語
  • 民 族:ロシア人(82.3%)、朝鮮人(5%)、ウクライナ人(2.4%)、タタール人(1.0%) 等
  • 気 候:亜寒帯に属し、シベリア大陸からの季節風やオホーツク海の寒流の影響を受けるため同緯度の他の地方と比べると寒冷。
    平均気温:8月で16〜20度。 年間降水量:800〜900ミリ程度。 2008年サハリン州気象データ【サハリン州気象・環境観測局資料】
    2008年サハリン州気象データ【サハリン州気象・環境観測局資料】
  • 自 然:植物層は針葉樹林(タイガ)で、全島の約50%が森林地帯。
  • おもな産業:石油・天然ガス・石炭採掘業、漁業、水産加工業、林業など。
  • 通 貨:ルーブル(P)※1ルーブルは1.94円(2017年10月現在)その下の通貨はカペイカ(K)1P=100K。
 

上矢印ページのトップへ戻る