スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 地域創生部 > 地域政策課 >  宗谷のひと


最終更新日:2019年8月07日(水)

移住・担い手ポータルサイト 北海道のてっぺんで、くらすひと。

宗谷のひと

宗谷管内には魅力的な人がたくさんいます。この地区ならではのお仕事から人気のあの業種まで、
ご自分にぴったりのお仕事を、宗谷で探してみませんか?

   tanaka

兵庫県高砂市出身。兵庫県の看護学校卒業後は兵庫県内や大阪府内の医療機関に勤務し循環器科やオペ室、総合内科等を経験した。結婚を機に枝幸町に移住し枝幸町国民健康保険病院に勤務。

田中 久仁子さん枝幸町国民健康保険病院【枝幸町】

   miyazaki4

東京生まれ。東京の看護学校卒業後は都内の病院に就職し、英語スキルを活かすため香港の診療所に転職。看護師になった頃の夢だった離島看護を実践するため、平成29年から香港を離れ、利尻島国保中央病院に勤務。

宮崎 尚子さん利尻島国保中央病院【利尻町】

   souman

富山県立総合衛生学院卒業後、富山県立中央病院の救命救急センターと内科病棟に勤務。結婚を機に宗谷に移住し、市立稚内病院に勤務。キャリアを積み重ね、看護部長となる。趣味は映画鑑賞や読書、自然鑑賞。

惣万 睦子さん市立稚内病院【稚内市】

   tagawa

兵庫県神戸市出身。神戸徳洲会病院で勤務、その後、奄美諸島の病院4カ所で勤務。知床らうす国民健康保健所、釧路孝仁会ドクターヘリ勤務を経て幌延町立診療所に勤務。専門は麻酔科、外科、総合診療。

田川 豊秋さん幌延町立診療所【幌延町】

   huzikawa

佐賀県出身。長野県にある「はーぶの里」診療所で勤務。平成25年10月1日に「えきまえ診療所」開業。専門は内科。趣味は大工、園芸、詩歌など。

藤川 省三さんえきまえ診療所【稚内市】

   nishizima

兵庫県出身、関西医科大学卒業。宗谷に来る前は大阪で勤務。専門は救急医療。趣味は登山、釣りなど。利尻島は「多趣味な自分を満足させてくれる場所」。

浅井 悌さん利尻島国保中央病院【利尻町】

   nishizima

平成10年 愛知医科大学卒業 専門は小児、平成24年8月~社会保険相模野病院小児科医長、NICU室長退職。開業平成24年10月1日。趣味は釣り、ゴルフなど

伊坂 雅行さんこどもクリニックはぐ【稚内市】

   nishizima

福岡県出身。全国を旅した後、利尻島の自然に惚れ込み平成16年に利尻町に移住。利尻・島ガイドセンターを設立して、利尻島の魅力を伝えるガイドとして活躍中。

西島 徹さん利尻・島ガイドセンター【利尻町】

   onda

岐阜県出身。四国の造船所に勤務するが、北海道でトナカイを市域したいとの思いから会社を退職。トナカイの本場フィンランドのラップランドで1年間市域技術を学び、28歳の時に単身で愛媛県から幌延町に移住。

恩田 猛さん恩田農場【幌延町】

   shimazaki

北海道滝川市出身。神奈川県育ち。日本大学大学院生物資源科学研究科でヒグマの生息地評価モデルを研究。平成19年よりサロベツ・エコ・ネットワークに勤務。趣味は旅・カメラ・登山・キャンプ・カヤック。

嶋崎 暁啓さんサロベツ・エコ・ネットワーク【豊富町】

   shimazaki

尾崎滋さん(写真左)静岡県出身。関西の大学在学中にアトピー性皮膚炎の湯治治療に豊富町を訪れる。卒業後、平成23年コンシェルジュデスクのスタッフに採用される。奥村歩さん(写真右)北海道旭川市出身。アトピー性皮膚炎の湯治療養に専念するため平成23年移住。コンシェルジュデスクのスタッフとして働く。

尾崎、奥村さん豊富温泉コンシェルジュデスク【豊富町】

その他にも、多くの魅力的な人が宗谷にはいます。
これからも、順次ご紹介していきます。

宗谷総合振興局地域政策課 TEL0162-33-2509